成功事例

西医クリニックの事例

ブランドストーリー & 直面する課題

新明クリニック

新明クリニック

台北市內湖区に位置する新明クリニックは、長年地域住民にサービスを提供し、家庭医療の優先選択肢となっています。しかし、2年以上続くパンデミックは、小規模クリニックにとって次々と訪れる運営の挑戦でした。

パンデミックが始まった初期、ワクチンがまだ提供されていない状況では、人々は可能な限り外出や診察を避け、第一波の運営上の困難を引き起こしました。次に、新型コロナワクチンが登場し、人々がワクチン接種に殺到し、政策が何度も変わることで、クリニックはワクチンの接種を支援しつつ、電話での問い合わせに答えるために多くの医療スタッフの労力を費やすという、第二波の困難に直面しました。

ブランドの目標 & キー成果

診察者の7割がLINEオンライン予約を利用!新明クリニック、デジタルトランスフォーメーションで医患双方に勝利をもたらす

診察者の7割がLINEオンライン予約を利用!新明クリニック、デジタルトランスフォーメーションで医患双方に勝利をもたらす

繰り返し訪れるパンデミックに直面し、新明クリニックは、患者が自動応答メッセージを使用するためのデジタルツールを活用する方法を積極的に検討しました。これにより、クリニックの管理作業を軽減することができ、さらに、患者データをクリニックの医療記録システムに完全に統合すれば、将来的に患者の追跡や診察の効率を向上させ、医患双方に利益をもたらすことができます。

そこで、新明クリニック院長の謝天明医師は、LINEの技術パートナーであるAlleyPinと協力し、LINE公式アカウントに1.Talk医患対話管理ツールを導入することを決定しました。患者が新明クリニックの公式アカウントに加入すると、個人の携帯電話を直接紐づけ、診療システムとデータを統合することができます。このモジュールは2ヶ月で600人以上のユーザーが登録し、新明クリニックの慢性疾患患者の追跡に大きな助けとなりました。処方された薬の追跡が迅速に行え、定められた時間になると、薬の受け取りを思い出させる通知メッセージを自動的に送信し、患者に薬の受け取りを忘れないように通知します。

新明クリニックは公式アカウントの活用も非常に工夫されています。たとえば、「リッチメニュー」の設計では、患者が最もよく尋ねる情報をすべてリッチメニューに統合しました。公式アカウントに友達登録すると、リッチメニューをすばやくクリックして、オンライン予約やワクチン予約、さらにはビデオ診察などをより迅速に行うことができます。往復のテキスト問い合わせを省き、リッチメニューから直接回答を見つけることができます。現在、診察者の約70%が、新明クリニックのLINE公式アカウントを使用してオンラインで予約を行っています。

おすすめ機能

リッチメニュー

LINE

リッチメニュー

チャットルーム画面下部のリッチメニューを設置し、24時間サービスを中断することなく提供。

マルチメッセージ

LINE

マルチメッセージ

画像とテキストを組み合わせたメッセージ表示で、治療やサービス情報の読みやすさを大幅に向上させ、情報伝達の即時性を高める。

ケーストラッキング

1.Talk

ケーストラッキング

フォローアップリストとメッセージ内容を事前に設定することで、術後フォローアップ、薬物通知、相談サービスをより自動化。

予約・再診リマインダー

1.Talk

予約・再診リマインダー

LINE公式アカウントを統合し、診察日前にLINEで予約リマインダー通知を自動送信。

顧客タグ

1.Talk

顧客タグ

治療状況、医療嗜好、その他サービスの注意点など、患者にタグを付ける。

ターゲットリスト

1.Talk

ターゲットリスト

異なるタグの会員リストを素早く把握し、さらにクリックや交差でのセグメント管理を行う。

評価管理

1.Talk

評価管理

診察後のアンケートで診察フィードバックを追跡し、クリニックのネット評価を管理し、効果的にネガティブな評価をブロックする。

詳しく知る
AlleyPin サービスプラン

AlleyPin は、台湾全域の顧客に無料の訪問コンサルティングサービスを提供しており、製品について詳しく紹介し、お客様と共に最適なソリューションを策定します。